危険なメソッド

モーテンセン ヴィゴ

😄 吐き出すためのバケツを用意したけれど、彼は使わなかった。 carousel-content:nth-child 3 ,. むしろOCNのIPユーザーの方は、 にも垣間見える「ブロック破りの編集行為は全否定しなければならない」という考えを改めていただかなければならないのではないかと考えております。

4
信頼できない情報源 「日本語字幕に誤訳があった」とヴィゴ・モーテンセンさんはメールインタビューで発言しています。 76です。

ヴィゴ・モーテンセン、現在の恋人は?子供はいる?

モーテンセン ヴィゴ

✆ 本人も「それから何年かしたら、数年にわたって『ロード・オブ・ザ・リング』をやることになるわけだから、わからないものだよね」と苦笑している。 出身地:スペイン・バルセロナ• Contents• もちろん、検証可能な事実を語れる第三の当事者が記事を消すべきと証明したならば、当然、表の記事は削除されるでしょう。

17
監督:• そこから会合は、シンガー監督が、なぜ特定の設定を変更したのかを説明する時間になったという。 2011年1月16日閲覧。

【ヴィゴ・モーテンセン】プロフィール(年齢・身長・映画)

モーテンセン ヴィゴ

☝ 2015年には腹は立てていないけれど、誤訳はあったと考えています。 つまり日本の映画関係者は字幕の翻訳に関して記述すべきことを見出さなかったのです。 特に、シリーズ三作目のアラゴルンの演説シーンは痺れるくらいカッコいいので必見です。

3
carousel-content:nth-child 1 ,. ヴィゴ氏の言及に対抗できる文書がないとなると、今度は「些細な発言」に矮小化して何とか消し去ってやろうという魂胆でしょうか。

ヴィゴ・モーテンセン、役作りで20キロ増量!

モーテンセン ヴィゴ

🤪 にも拘らず力ずくで削除を行う人物が現われ、一人の管理者が掛かり切りになっている現状は由々しき事態です。 このため除去することで合意を形成するのは困難であると判断しました。

19
。 荒らしだと怒っておられる方は、ここの所を理解して下さらないと困ります。

ノート:アラトリステ (映画)

モーテンセン ヴィゴ

⚒ なお、私は「ブロック破りの編集行為は全否定しなければならない」などと言った覚えはありません。

夏毎にデンマークへ帰省していたため、のほかに、、、などが流暢に話せる。 「ブロック破りが何度も差し戻しに現れるかもしれないから、ブロック破りの編集を尊重しよう」といった合意がなされた前例を私は知りませんし、そういう主張がウィキペディアで認められるとも思いません。

ビゴ・モーテンセン

モーテンセン ヴィゴ

🤛 一方でアリは、モーテンセンの謝罪文に応える形で自らも声明を発表。 つまり荒らしの騒ぎ自体が不必要だったのです ・o・ ・o・。

本当に躍起というかヒステリックだと感じるのですが……。 29歳のドイツ人ユングはこの病院で精神科医として働いていた。

危険なメソッド

モーテンセン ヴィゴ

⚑ 「見事な連携技だよなあ」とコメントされている点に関しては、ソフトバンクIPさんが私の編集を取り消しておられたことはで分かるのですから、このようなコメントも(印象操作か勘違いか、いずれにしても)残念に感じるところです。

15
(編集部・入倉功一). ただ印象だけではなんらかの管理者権限を行使するような対処に乏しいので何もしません。 まず、Yhngvさんが本記事を全体的に改善してくださったことに感謝申し上げます。

危険なメソッド

モーテンセン ヴィゴ

😉 で「あらすじや製作の節がちょっと簡潔かな」、「評価についても、もう少し幅広く書けないものだろうか」とのコメントを頂きました。 ウィキクォートに に関する引用句集があります。 ザビーナはロシア人と結婚、妊娠し、生活は安定する。

--() 2016年12月19日 月 14:36 UTC とまあ、上記いろいろと書いたように、中身の議論をしたくとも、その前提条件が怪しかったり、推測に基づく話を重ねたり、果ては対立する発言者を片っ端からソックパペットとして報告されているようではまともな話はできないよね、というのが実情です。 -- 2016年6月15日 水 11:15 UTC むしろ、論議云々無関係に61. 元妻エクシーン・セルベンカ Happy Birthday to Exene Cervenka aka Christene Lee Cervenka; American singer, artist, and poet. ユングとザビーナの関係は愛だったのか、転移・逆転移だったのか? キャスト [ ]• widget-content-subtitle-above,. 近郊に住んだこともあり、映画館に入り浸っていた。