【ユリイ・カノン/だれかの心臓になれたなら】の歌詞の意味を徹底解釈

意味 誰かの心臓になれたなら歌詞

♨ 將幸福與不幸混攪在一塊。 雨に濡れた廃線 煤けた病棟 並んだ送電塔 夕暮れのバス停 止まったままの観覧車 机に咲く花 君の声も 何もかも最初から無かったみたい ひいらぎの解釈死にたいと願っている君を見てどうして悲しいのだろう いずれ死んじゃうのが人間なのに 永遠なんてないけれど 思い通りの日々じゃないけれど 簡単にちぎれそうな糸で繋がっている 次の夜明けがまたやってくる 僕は生きたいと思っている君が明日を見失ってしまっているのをみて憤っていました。 「こんな世界」と嘆くだれかの 生きる理由になれるでしょうか これは僕が いま君に贈る 最初で最期の愛の言葉だ 街も人も歪み出した 化け物だと気付いたんだ 欲動に巣食った愚かさも 全てがこの目に映る シアトリカルに手の上で誰も彼も踊らされる 生まれた意味だって知らぬまま 形骸化した夢は錆びついてしまった 「愛をください」 きっとだれもがそう願った 「愛をください」 そっと震えた手を取って 「愛をください」 心を抉る 醜いくらいに美しい愛を 「こんな世界」と嘆くだれかの 生きる理由になれるでしょうか いつか終わると気付いた日から 死へと秒を読む心臓だ ねえ このまま雨に溺れて 藍に融けたって構わないから どうか どうか またあの日のように 傘を差し出し笑ってみせてよ もしも夢が覚めなければ姿を変えずにいられた? 解けた指から消える温度 血を廻らせるのはだれの思い出? 雨に濡れた廃線 煤けた病棟 並んだ送電塔 夕暮れのバス停 止まったままの観覧車 机に咲く花 君の声も 何もかも最初から無かったみたい 死にたい僕は今日も息をして 生きたい君は明日を見失って なのに どうして悲しいのだろう いずれ死するのが人間だ 永遠なんてないけど 思い通りの日々じゃないけど 脆く弱い糸に繋がれた 次の夜明けがまた訪れる どんな世界も君がいるなら 生きていたいって思えたんだよ 僕の地獄で君はいつでも絶えず鼓動する心臓だ いつしか君がくれたように 僕も、 だれかの心臓になれたなら. ユリイ・カノンさんはどんな曲を作っているの? ユリイ・カノンさんは、ロックな曲調を得意とするボカロP プロデューサー です。

「だれかの心臓になれたなら」は、「」氏が手掛けるの。 正直機械音がこんなにエモいなんて思いませんでした。

ボカロの「誰かの心臓になれたら」の歌詞解釈教えてください。

意味 誰かの心臓になれたなら歌詞

🤫 この曲を聴いて、歌詞の意味を自由に考えてみてくださいね。 原動力となる心臓が血液を運び、存える。

だから、あのとき僕が君から心臓をもらったように、僕も誰かの心臓、つまり命になりたい。

だれかの心臓になれたなら 歌詞

意味 誰かの心臓になれたなら歌詞

🔥 僕はそんな願いから誰かの心臓=生きる理由になりたいのです。 この歌詞は、人によって色々な意味が考えられそうですね。

ボカロ曲で一番好き、という声も頷けますよ。 改變其形體。

【中/假/罗歌词】だれかの心臓になれたなら

意味 誰かの心臓になれたなら歌詞

💅 とにかく一度聴いてみて欲しいイチオシ曲です! TEXT カッパナスビ 更新日:2019年2月15日 提供元:. 「だれかの心臓になれたなら」ってどんな曲? 「だれかの心臓になれたなら」は、「ユリイ・カノン」さん氏が作詞・作曲・編曲したVOCALOID ボカロ 曲です。 僕は希望を失ってしまった君の心臓=生きる理由になって、また笑いかけて欲しいと願うのです。 どうやって心は在り続ける? 該怎麼做才能讓心繼續存在? 幸福と不幸を取り込み融けていく。

8
また、初のVOCALOID殿堂入り 10万回再生 を果たします。 しかし、あの疾走感のあるメロディー、リズム感、深い歌詞は、多くの人を魅了するはずです。

だれかの心臓になれたなら

意味 誰かの心臓になれたなら歌詞

💙 だれかの心臓になれたなら 作詞 ユリイ・カノン 作曲 ユリイ・カノン 唄 ユリイ・カノン feat. 「だれかの心臓になれたなら」は、「」氏が手掛けるの。 如果能成为谁的心脏 词:ユリイ・カノン 曲:ユリイ・カノン 唱:GUMI 「こんな世界(せかい)」と嘆(なげ)くだれかの kon na se ka i to na ge ku da re ka no 生(い)きる理由(りゆう)になれるでしょうか i ki ru ri yu u ni na re ru de shou ka これは僕(ぼく)が いま君(きみ)に贈(おく)る ko re wa bo ku ga i ma ki mi ni o ku ru 最初(さいしょ)で最期(さいご)の愛(あい)の言葉(ことば)だ sa i sho de sa i go no a i no ko to ba da 叹息着「这样的世界」 然后就能成为让谁活下去的理由吗 这就是我 现在献给你的 最初也是最后的爱的话语 街(まち)も人(ひと)も歪(ゆが)み出(だ)した ma chi mo hi to mo yu ga mi da shi ta 化(ば)け物(もの)だと気付(きづ)いたんだ ba ke mo no da to ki tsu i tan da 欲動(よくどう)に巣食(すく)った愚(おろ)かさも yo ku dou ni su ku tta o ro ka sa mo 全(すべ)てがこの目(め)に映(うつ)る su be te ga ko no me ni u tsu ru 街道和人们都歪曲扭斜着 然后意识到了这些都是怪物 还有被欲望盘踞的愚蠢 全部都映照在了这双眼睛里 シアトリカルに手(て)の上(うえ)で shi a to ri ka ru ni te no u e de 誰(だれ)も彼(かれ)も踊(おど)らされる da re mo ka re mo o do ra sa re ru 生(う)まれた意味(いみ)だって知(し)らぬまま u ma re ta i mi da tte shi ra nu ma ma 形骸化(けいがいか)した夢(ゆめ)は錆(さ)びついてしまった ke i ga i ka shi ta yu me wa sa bi tsu i te shi ma tta 仿佛一场戏剧表演 谁都逃不过被操控的命运 连出生的意义也从未知晓 被形式化的梦就这样生锈了 「愛(あい)をください」 a i wo ku da sa i きっとだれもがそう願(ねが)った ki tto da re mo ga sou ne ga tta 「愛(あい)をください」 a i wo ku da sa i そっと震(ふる)えた手(て)を取(と)って so tto fu ru e ta te wo to tte 「愛(あい)をください」 a i wo ku da sa i 心(こころ)を抉(えぐ)る 醜(みにく)いくらいに美(うつく)しい愛(あい)を ko ko ro wo e gu ru mi ni ku i ku ra i ni u tsu ku shi i a i wo 「请给我爱」 一定每个人都这样祈祷过 「请给我爱」 轻轻抓住颤抖的手 「请给我爱」 将心掏出 祈求那美好到丑恶的爱 「こんな世界(せかい)」と嘆(なげ)くだれかの kon na se ka i to na ge ku da re ka no 生(い)きる理由(りゆう)になれるでしょうか i ki ru ri yu u ni na re ru de shou ka いつか終(お)わると気付(きづ)いた日(ひ)から i tsu ka o wa ru to ki tsu i ta hi ka ra 死(し)へと秒(びょう)を読(よ)む心臓(しんぞう)だ shi he to byou wo yo mu shin zou da 叹息着「这样的世界」 然后就能成为让谁活下去的理由吗 从察觉到结束的那天开始 这颗心脏就开始了朝向死亡的倒计时 ねえ このまま雨(あめ)に溺(おぼ)れて ne e ko no ma ma a me ni o bo re te 藍(あい)に融(と)けたって構(かま)わないから a i ni to ke ta tte ka ma wa na i ka ra どうか どうか またあの日(ひ)のように dou ka dou ka ma ta a no hi no you ni 傘(かさ)を差(さ)し出(だ)し笑(わら)ってみせてよ ka sa wo sa shi da shi wa ra tte mi se te yo 呐啊 就这样溺水于大雨之中 溶解于靛蓝色之中也没有关系 求求你 求求你 仍然像那天一样 一边笑着一边撑起雨伞吧 もしも夢(ゆめ)が覚(さ)めなければ mo shi mo yu me ga sa me na ke re ba 姿(すがた)を変(か)えずにいられた? su ga ta wo ka e zu ni i ra re ta 解(と)けた指(ゆび)から消(き)える温度(おんど) to ke ta yu bi ka ra ki e ru on do 血(ち)を廻(めぐ)らせるのはだれの思(おも)い出(で)? chi wo me gu ra se ru no wa da re no o mo i de 如果这是一场不会醒来梦 那不用改变也可以吗? 从松开的指间传来消逝的温度 让这血液流动着的是谁的回忆? 雨(あめ)に濡(ぬ)れた廃線(はいせん) a me ni nu re ta ha i sen 煤(すす)けた病棟(びょうとう) su su ke ta byou tou 並(なら)んだ送電塔(そうでんとう) na ran da sou den tou 夕暮(ゆうぐ)れのバス停(てい) yuu gu re no ba su te i 止(と)まったままの観覧車(かんらんしゃ) to ma tta ma ma no kan ran sha 机(つくえ)に咲(さ)く花(はな) tsu ku e ni sa ku ha na 君(きみ)の声(こえ)も ki mi no ko e mo 何(なに)もかも最初(さいしょ)から無(な)かったみたい na ni mo ka mo sa i sho ka ra na ka tta mi ta i 被雨水打湿的停开的路线 被烟熏得发黑的病房 并排伫立着的供电塔 黄昏时的车站 依旧没有运作的摩天轮 桌子上开放的花朵 还有你的声音 一切的一切似乎从一开始就不存在一样 死(し)にたい僕(ぼく)は今日(きょう)も息(いき)をして shi ni ta i bo ku wa kyou mo i ki wo shi te 生(い)きたい君(きみ)は明日(あす)を見失(みうしな)って i ki ta i ki mi wa a su wo mi u shi na tte なのに どうして悲(かな)しいのだろう na no ni dou shi te ka na shi i no da rou いずれ死(し)するのが人間(にんげん)だ i zu re shi su ru no ga nin gen da 想死的我今天仍然呼吸着 想活着的你却迷失了明天 但是啊 为什么如此的悲伤呢 正因为是人类才终有一死 永遠(えいえん)なんてないけど e i en nan te na i ke do 思(おも)い通(とお)りの日々(ひび)じゃないけど o mo i to o ri no hi bi ja na i ke do 脆(もろ)く弱(よわ)い糸(いと)に繋(つな)がれた mo ro ku yo wa i i to ni tsu na ga re ta 次(つぎ)の夜明(よあ)けがまた訪(おとず)れる tsu gi no yo a ke ga ma ta o to zu re ru 虽然没有永恒 虽然总是不能如愿 不过被脆弱的丝线所联系着的 下一个拂晓一定会再次到来 どんな世界(せかい)も君(きみ)がいるなら don na se ka i mo ki mi ga i ru na ra 生(い)きていたいって思(おも)えたんだよ i ki te i ta i tte o mo e tan da yo 僕(ぼく)の地獄(じごく)で君(きみ)はいつでも bo ku no ji go ku de ki mi wa i tsu de mo 絶(た)えず鼓動(こどう)する心臓(しんぞう)だ ta e zu ko dou su ru shin zou da いつしか君(きみ)がくれたように i tsu shi ka ki mi ga ku re ta you ni 僕(ぼく)も、 bo ku mo だれかの心臓(しんぞう)になれたなら da re ka no shin zou ni na re ta na ra 只要有你不管是怎样的世界 都会想要继续活下去 这就是在我的地狱中你永远 也不会停止跳动的心脏 待到何时才能像你给予我那样 我也能、 成为谁的心脏 本文禁止转载或摘编• ユリイ・カノンさんって誰? ユリイ・カノンさんは、VOCALOID、つまり人の声を機械で再現したパソコンソフトを使って作曲をしています。

「だれかの心臓になれたなら」の歌詞を見てみよう! 歌詞を見るだけでも、感情に訴えかけるものがありますね。

柘榴 だれかの心臓になれたなら 歌詞

意味 誰かの心臓になれたなら歌詞

✊ 雨に濡れた廃線 煤けた病棟 並んだ送電塔 夕暮れのバス停 止まったままの観覧車 机に咲く花 君の声も 何もかも最初から無かったみたい ひいらぎの解釈 死にたいと願っている君を見てどうして悲しいのだろう いずれ死んじゃうのが人間なのに 永遠なんてないけれど 思い通りの日々じゃないけれど 簡単にちぎれそうな糸で繋がっている 次の夜明けがまたやってくる 僕は生きたいと思っている君が明日を見失ってしまっているのをみて憤っていました。

5
我想無論是哪種方式 都是希望能在誰的心中留有舉足輕重的地位吧 渴望去愛人,也渴望被愛. そんな世界じゃ、自分が生まれてきた意味だって知る由もありません。 ボカロ曲なので、歌っているのは機械の声の女の子。